市民のみなさまへ

新潟市医師会

乾燥肌にご用心

丸山 友裕

冬場は皮膚が乾燥して痒くなりやすいですね。

この乾燥肌、冬場などには誰にでも多かれ少なかれ見られますが、実はかなり多くの皮膚病が乾燥肌と関係しています。

幼小児期はまだ皮脂腺の機能が不十分なために、大事な皮脂膜を完全に作れず、乾燥肌傾向にあります。このためにアトピー性皮膚炎を発症しやすいのです。アトピー性皮膚炎は、従来、食事などのアレルギー的側面だけが強調されていましたが、近年、乾燥肌の要因が重要であることがわかってきました。

また高齢になると皮脂分泌能が低下して、やはり皮膚は乾燥傾向に傾きます。

余談ですがその中間に当たる青春期は皮脂分泌がもっとも盛んでにきびの花盛りというわけです。

乾燥肌にはいくつかの問題があります。

まず第一に、それ自体がかゆみを引き起こします。引っかいてしまいますと、湿疹の誘発、増悪へとつながります。

第二に、乾燥肌は種々の皮膚病を引き起こします。乾燥肌は、一口で言うと皮膚表面のバリアーがない状態です。このバリアーの欠損のため、色々なアレルギー物質や細菌が皮膚から侵入しやすく、湿疹、かぶれ、とびひ(伝染性膿痂疹)などの原因になります。長時間の入浴や、ごしごし洗うような洗い方はご用心です。乾燥肌による湿疹が一番出やすいのが、「すね」の部分です。この部分の皮膚が乾燥した田んぼが地割れしたような細かい筋があったらご用心。これを放置すると、そこに丸い「貨幣状湿疹」が出てきます。これを放置すると、全身に広がり長期間苦しめられる場合がありますので、貨幣状湿疹を発見したらぜひ皮膚科を受診してください。

そして、第三に顔の乾燥肌を放置しておくと、小じわの原因となります。女性が化粧をするのは究極の保湿なのです。お肌の曲がり角を曲がった方には化粧はお勧めです。

保湿剤としては、水分を吸着する作用のあるヘパリン類似物質や尿素、ヒアルロン酸を含むクリームやローション、皮膚表面に油の膜を作って水分の蒸発を防ぐワセリンなどがあります。

保湿剤は入浴後、まだ皮膚が水分を含んでいるうちに塗ると、潤い分をそのまま閉じ込めますので、より効果的です。裸のまま塗れば皮膚の状態のチェックも可能で塗り残しもありません。

さあ皆さん、冬場こそ肌の健康に注意し、快適にすごしましょう。

©2013 Medical Association of Niigata City.