市民のみなさまへ

新潟市医師会

手荒れ

風間 隆

主婦の皮膚病と思われがちですが、職業性の皮膚疾患として現れることも多く、仕事を続けていく上で大きな障害となることがあります。I型アレルギーによる接触蕁麻疹やIV型アレルギーによる接触皮膚炎といった特定の物質が皮膚に付着して生じるものと、皮膚に接触するあらゆるもの、例えば水、洗剤や化学薬品などの液体の刺激の他、布、紙や手袋などの固体の摩擦刺激が原因になる非アレルギー性の刺激性皮膚炎が含まれます。

また、まれに体内に入った物質、例えば消化管から吸収された歯科金属や食物中の金属などが原因で生じることもあります。ガサガサ、プツプツ、発赤・腫脹、水疱や亀裂、かゆみや痛みなどが現れます。原因や発症メカニズムにより程度の違いはあるものの症状は相互に類似することが多く、一見しただけではいずれが主な原因なのかわからないこともあります。アレルギーによるものでは特定の原因物質にごく少量接触しても激しい炎症が生じやすく、かゆみが強い傾向があります。この場合長年日常的に接触しているものが原因であることが多いため、患者さん自身が原因に気づいていないことがほとんどです。非アレルギー性(刺激性)によるものでは乾燥肌の方に多い傾向があり、ヒリヒリやチクチクといった自覚症状がみられます。原因が不特定多数の刺激であるため、内容にかかわらず仕事量が増えると症状が強くなり、強い化学薬品や洗剤などでは1回の接触でもひどく悪化することもあります。

治療にはステロイド軟膏、保湿剤、亜鉛華軟膏などを使用します。予防がとくに大切で、アレルギーの原因物質や刺激物質に触れるのを避けるようにします。アレルギー性が疑われる場合は皮膚テストで原因物質を探し出すこともあります。家事、仕事、シャンプーなどの際に手袋をつける、それらの作業前に皮膚保護剤を塗るといった対策は有効な予防手段です。食物中に原因があるときはそれらを含んだ食品を避けることで症状が著しく改善することがあります。

©2013 Medical Association of Niigata City.