市民のみなさまへ

新潟市医師会

虫さされ

風間 隆

(西区 風間皮膚科医院)

虫さされの症状の種類と強さは、刺した虫の種類、その虫に今まで何回刺されたことがあるか、刺されたひとの体質の違いにより個々のケースによりかなり症状の種類や程度に違いがあります。

刺した虫の種類により、刺されたときに痛みがでるものがありますが、アブのように咬まれたための痛みとハチ、イラガやクモなどのように毒液の化学物質による痛みがあります。蚊、ノミ、ダニなどの多くの虫では痛みが生じないので、刺されたことに気づかないことがほとんどです。

その後、即時型反応と呼ばれる症状が刺された直後から数時間続くことがあります。刺された局所のかゆみ、発赤ですが、ときに全身のじんましん、気分不良や腹痛やさらに意識消失、呼吸困難、ショック症状などの生命に危険な反応がでることがあります。とくにハチに刺された場合は1~2時間は注意が必要で、このような症状が現れた場合は直ちに医療機関を受診する必要があります。その後さらに、遅延型反応と呼ばれる症状が生じることがあります。刺されてから半日から1日後に現れ、刺された局所のかゆみ、発赤、水疱などで、2日後前後に最も症状が強くなり、約1週間前後続く反応です。

蚊の虫さされでは、乳幼児期では遅延型反応だけ、学童期から青年期には即時型と遅延型の両方、青年期から壮年期には即時型だけを示し、老年期には反応しなくなってきます。乳幼児の場合、最も症状が強く現れやすい時期で、腫れ、しこりが何日も続きます。ステロイド外用と抗アレルギー薬内服で治療します。親御さんは、自分の症状は1時間ほどで消えるのに、この子の症状は異常ではないかと受診されますが心配はいりません。しかし、高熱やリンパ節が腫れる、刺された所が壊死や潰瘍になる場合は、蚊刺過敏症(蚊アレルギー)が疑われます。この場合、悪性リンパ腫や血球貪食症候群が発病することがあるので注意が必要だといわれています。

(2009.12.16)

©2013 Medical Association of Niigata City.