市民のみなさまへ

新潟市医師会

月経痛について

内山 三枝子

毎月訪れる月経(生理)に、いつも痛みが伴うのはつらいことです。月経痛は病気がないもの(機能的)と、あるもの(器質的)に大別されます。

機能的な月経痛は、骨盤内うっ血や子宮筋れん縮などを原因とし、初潮後しばらくして起こります。二十歳以下の人の月経痛はほとんどがこれに含まれます。

一方、器質的な月経痛を起こす疾患としては、有名なものに子宮筋腫や子宮内膜症があります。三十歳前後より起こり、徐々にその症状が強くなる傾向があります。

月経痛の治療としては、器質的疾患のあるものはその治療が優先されますが、機能的月経痛の場合は、鎮痛、鎮痙剤による対症療法や漢方薬の投与が主になります。昔から言われている保温も効果があるようです。

いずれにしても、月経のたびに日常生活に支障があるような人は、一度産婦人科受診をお勧めいたします。

©2013 Medical Association of Niigata City.