市民のみなさまへ

新潟市医師会

子宮筋腫

本多 晃

子宮筋腫は成人女性の約30%に認められ、非常に多く見られる病気です。初経前にはほとんど見られないことや、閉経後には縮小することより、卵巣から分泌される女性ホルモンが大きな影響を与えると考えられています。子宮筋腫は腫瘍ですが、基本的にはガンなどの悪性腫瘍ではなく良性腫瘍です。しかし、月経の量が多いことによる貧血や、寝込むほどの月経痛など、症状が強い場合は治療が必要になります。

最近、子宮筋腫を増加させる要因が増えているといわれています。体格の向上により初経年齢が早まっていることや、女性一人当たりの出産回数の減少などがあげられています。

子宮筋腫の診断は内診や超音波検査やMRI検査などでおこないます。子宮筋腫は良性腫瘍ですが、筋腫によく似た子宮肉腫という悪性腫瘍があり、その鑑別に苦労することがあります。特に急速に大きくなる場合や、腫瘍の内部が変性している場合などは、摘出による確定診断が必要になります。

子宮筋腫の治療は、その症状に対する治療(対症療法)と、筋腫を縮小あるいは摘出する治療があります。対症療法は、痛みに対する消炎鎮痛剤、貧血に対する造血剤、不正出血に対する止血剤などがあげられます。また月経時の症状を和らげる方法として、漢方薬や経口避妊薬(ピル)を用いることもあります。筋腫その物に対する治療としては、ホルモンを用いた薬物療法と手術療法があります。薬物療法は、女性ホルモンを抑制して月経を止める方法です。閉経と同じ状態になるため、ほてりや発汗といった更年期障害のような症状が現れることがあります。手術療法は子宮全部を摘出する方法と筋腫のみ摘出する方法があり、それぞれ開腹(おなかを切る)と経腟によるアプローチ法があります。最近では腹腔鏡を使用した手術も行われています。また保険適応はありませんが、第三の方法として子宮動脈塞栓術という方法も開発されて、徐々に行われ始めています。

月経時の症状が強い場合や、下腹部が重い感じがする場合などは、はやめに専門医に相談することをお勧めします。

©2013 Medical Association of Niigata City.