市民のみなさまへ

新潟市医師会

子宮下垂、子宮脱

新井 繁

子宮が正常の位置より下がってくる状態を子宮下垂といい、その程度が徐々に進み子宮が膣から顔を出してくる状態を子宮脱といいます。

原因は子宮が下がらないように働く骨盤底を形成している筋肉や支持組織が損傷し、緩んで弱くなったことにより起こります。

症状は子宮の下垂感や下腹部不快感からはじまり、膣口に子宮や膣壁の一部を触れることで気づきます。膣から子宮が全部脱出すると、子宮、膣、膀胱、直腸が一緒になって下がってくるため、尿がたまり膀胱がふくれると、尿道に強い角度がつき排尿困難を来たし、いきみにくいために排便しにくくなります。また反転して体外に出ている膣壁の表面が乾燥してかさかさになり、ただれて出血します。排尿、排便時だけでなく、歩いたり重いものを持ったりするだけで下垂や脱出が起こり、押し込んでもすぐに出てきます。

そのため日常の家事労働に支障をきたすだけでなく、外出や旅行を控えるようになり精神的、肉体的に生活の質が大きく損なわれます。

治療には下垂や脱出の程度によりいろいろな手術法がありますが、高齢のため高血圧など合併症のある方が多いので安全に行える方法を選択します。術後は本来の踏ん張る力が戻ります。また手術に耐えられないか、手術を希望しない場合や手術日までの間、リング状のペッサリーを膣内に入れて脱出や下垂を整復します。使用感はまったく無く、即座に苦痛から開放されます。

寿命がますます延びている現在、ストレスの多い生活を送ることはもったいない。長い間誰にも相談できず、一人で悩んでおられる方がどうにも我慢ならなくなって、病院を受診することが多いのですが、軽い下垂の状態であっても不快な症状が現れたなら、早めに治療を受けて毎日を明るく元気に過ごしましょう。

©2013 Medical Association of Niigata City.