市民のみなさまへ

新潟市医師会

高齢者とインフルエンザ

佐野 正俊

インフルエンザの流行する寒い冬がやってきました。老人施設での集団感染や高齢者死亡の多いことが問題となっており、不安を感じておられる人も少なくないと思います。

予防には、日ごろから体力が低下しないように栄養に注意し、体が冷えないようにする、のどや鼻が乾燥しないようにマスクをしたり、うがいをすることが大事です。

現在最も有効な予防法はワクチンだと考えられています。臨床症状を防止する効果は30~40%くらいですが、肺炎や死亡するといった重症化を防ぐ効果は70~90%といわれています。ワクチンの副作用も心配ですが、ワクチンの中では、インフルエンザワクチンは最も安全だと専門家は考えています。小児以外では1回の接種でも有効との報告もあります。

ほかに、アマンタジンという薬が有効であることが、分かったのですが、ウィルスの耐性を起こしやすく、その使用には、かかりつけ医とよく相談してください。

©2013 Medical Association of Niigata City.