市民のみなさまへ

新潟市医師会

大腸癌が増えています

月岡 恵

かつて、大腸癌は欧米に多く、日本では比較的少ない病気でした。ところが食事の欧米化に伴い日本人の大腸癌が急激に増加しています。厚生労働省の悪性新生物に関する死亡統計をみますと、男性では肺癌、胃癌、肝臓癌に次いで第四位、女性では胃癌に次いで第二位です(平成14年度)。とくに女性の大腸癌の増加率が著しく、平成17年度頃には胃癌を抜いて第一位になるのではないかと推測されています。

大腸癌の症状として貧血、腸閉塞、おなかに固いものを触れるなどがありますが、一般にこれらの症状が出るのはかなり進行した状態になってからです。わずかに直腸癌の一部だけが、比較的早い時期に血便として気付かれることがある程度です。早期の大腸癌はまったく無症状なのです。

最近、各市町村単位で大腸がん検診が行われています。これは大腸癌が出血しやすい性質をもつことを利用したもので、便中の血液の反応を調べる方法(便潜血検査)です。この検査により進行大腸癌の80%以上が、早期大腸癌の30~50%が発見できます。また、大腸癌になるおそれのある大腸ポリープも1cm 以上になると潜血検査が陽性となることが多くなります。つまり、便潜血検査は無症状のうちに大腸癌を発見できるもっとも簡単な方法といえるのです。新潟市の大腸がん検診では、毎年120~130人の大腸癌が発見され、そのうちのおよそ三分の二が早期癌です。

多くの大腸癌は症状がなくても自分の努力によって発見できます。大腸癌から身を守るために、50歳以上になったら年1回の便潜血検査を受けましょう。また、検査でひっかかった場合には、約8%(12~13人に1人)に大腸癌が、約40%(5人に2人)に大腸ポリープが見つかりますので、必ず大腸の精密検査を受けるようにしましょう。

©2013 Medical Association of Niigata City.