市民のみなさまへ

新潟市医師会

メタボリックシンドロームと心・血管病

樋熊 紀雄

メタボリックシンドローム(MS)は、腹腔内脂肪蓄積、高脂血症[高中性脂肪血症、低HDLコレステロール血症]、高血圧、空腹時高血糖など、動脈硬化危険因子が重積した病態と考えられています。

高血圧で糖代謝異常と脂質代謝異常、肥満を伴うと4つのリスクが重なったことになり、「死のカルテット」と称し、更に喫煙による血管攣縮が加わると狭心症・心筋梗塞の発生頻度がさらに増してきます。

MSの診断基準として、わが国の8つの学会が合同で検討した結果が公表されました。それは、内臓脂肪(腹腔内脂肪)蓄積の指標としては、ウエスト周囲径(臍レベル)が、男性≧85cm、女性≧90cmです(この周囲径は、CTで計測した内臓脂肪面積として男女とも≧100c!)に相当します)。この測定径に加えて次のうち2項目以上がある場合にMSと判定します。

  1. 高トリグリセリド血症≧150mg/dlかつ/または低HDLコレステロール<40mg/dl(男女とも)
  2. 収縮期血圧≧30mmHgかつ/または拡張期血圧85≧mmHg
  3. 空腹時高血糖≧110mg/dl

治療は、肥満を是正するための食事療法や運動療法など生活習慣の改善が中心です。内臓脂肪は皮下脂肪に比べて運動により燃焼され減少すると考えられます。

高血圧に対しては、ACE阻害薬、アンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)、長時間作用型ジヒドロピリジン系Ca拮抗薬が有効であるとするエビデンスがあります。

糖尿病による慢性腎不全の発生予防には、血糖のコントロールの上さらに血圧が130/80mmHg以下になるように務めることです。

かかりつけ医の先生と二人三脚でMS改善に努め、脳梗塞、心筋梗塞、慢性腎不全にならないようにしましょう。

©2013 Medical Association of Niigata City.