市民のみなさまへ

新潟市医師会

総合診療科を知っていますか?

山添 優

(中央区 新潟市民病院)

皆さんは、発熱や食欲がないなど内科的な症状がみられた場合、どの医療機関を受診しますか? かかりつけ医を受診する人、大病院を受診する人、他人に相談して勧められた開業医や病院を受診する人など様々だと思います。また、かかりつけ医以外を受診する場合に、どの診療科選んでいますか? 症状の原因が受診した専門科の病気であれば良いのですが、必ずしもそうとは限りません。

わが国の医療は、消化器内科、循環器内科などに専門分化して進歩してきた結果、多くの医師は専門医になりました。その結果、患者さんに対し、医師は自分の専門の診療だけを行い、「(自分の専門分野である)○○は異常なし」で終わってしまいがちになり、つらい症状が続く患者さんは診療科を転々とするようになりました。

総合診療科は、このような臓器別高度専門医療の欠点を補うために創設され、その名のとおり「患者さんを総合的にみる科」、つまり初めから特定の臓器や病気にかたよらず、患者さんの心理・社会的側面を考慮し主体性を大切にし、トータルに患者さんの健康問題に広く関わることを目指しています。もちろん、適切な時期に専門医からの支援を得ることも行います。

総合診療科では、他医で異常なしといわれたが症状が続いている方,内科系の症状がみられどの専門科を受診したら良いかわからない方,健康問題で相談されたい方の診療を行っています。歴史が浅く医療機関もまだ少なく、理念や診療内容も異なっているので、受診前に調べた方が良いでしょう。

現在受診中の医療機関がある場合は、それまでの経過がよくわかるように、ぜひ紹介状をもらって受診して下さい。どの専門科を受診したら良いかわからない方で、かかりつけ医がある場合には、まずかかりつけ医に相談し、適切な専門科または総合診療科を紹介してもらうと良いと思います。

患者さんの話を十分お聞きする必要があるため、経過が長い場合には、症状などを日付順にまとめたメモやお薬手帳を持参して下さい。

総合診療科で全ての問題がすぐに解決するとは限りませんが、良い方法を見いだすよう親身に手伝ってくれると思います。

(2009.10.6)

©2013 Medical Association of Niigata City.