市民のみなさまへ

新潟市医師会

コンタクトレンズの定期検査

金 徳弼

コンタクトレンズ装用者にとって、定期検査の必要性はあまり重要視されていないようです。コンタクトレンズは眼鏡と違って角膜・結膜にじかに接触する医療用具だけに、日ごろかの管理が大切なことは言うまでもありません。

初心者の場合は眼科専門医で診察の上、適切なレンズの選択から装用練習や取り扱いの説明まで受け、実際に使用開始から一週間、それから一ヵ月、その後三ヵ月ごとの定期検査が必要です。コンタクトレンズ装用になれた人の中には、定期検査を受けていない場合もありますが、隠れた目の病気が進行していることもあり、それらが定期検査によって発見されることも珍しいことではありません。

最近どうもコンタクトレンズの調子が悪いという人の多くは、コンタクトレンズの汚れによるアレルギー性結膜炎や、点状表層角膜炎になっていると思われます。

ぜひ一度、お近くの眼科専門医でご相談されることをお勧めします。

快適なアイライフのために。

©2013 Medical Association of Niigata City.