市民のみなさまへ

新潟市医師会

子どもの視力検査

中山 徹

学校から視力検査の「紙」をもらったお子さんたちは眼科での検査は済みましたか? ほとんどの場合は単純な近視や遠視であまり問題は無いのですが、中には思いもかけないような病気が隠れていることがあります。忙しくてもきちんと検査を受けてください。

視力は1.0以上あれば理想的です。裸眼視力がこれに満たない場合、さまざまなメガネレンズを組み合わせて視力が出れば、近視、遠視、または乱視のどれかということになります。

子どもの視力は普通6歳くらいまでに発達してくるのですが、お子さんによっては視力の発達が途中で止まってしまっていて、眼球には異常がないのにどんなレンズを組み合わせても視力の出ない「弱視」と呼ばれる状態のことがあります。視力を発達させるための治療は小学校低学年を過ぎてしまうとなかなか効果が出ないので注意が必要です。

また、普通は中高年に見られる「緑内障」などもまれに見かけられます。

©2013 Medical Association of Niigata City.