市民のみなさまへ

新潟市医師会

ドライアイについて

渡邉 穣爾

涙は上まぶたの耳側上にある涙腺で主に作られ、目の表面に潤いと栄養を与える役割をもっています。この涙が充分に分泌されなかったりすると乾き目(ドライアイ)となり、目がごろごろしたり、目を開けづらくなったり、ひどい場合は見え方が悪くなったりします。また、ドライアイは疲れ目の原因にもなります。

原因には、涙の分泌が悪い場合と涙の蒸発が多い場合があります。涙の分泌が悪い場合としては、涙腺の炎症などによるものや、原因不明で40~50代の女性に多くみられるものがあります。涙の蒸発が多い場合としては、コンピューターやワープロ画面に長時間むかうこと(まばたきの回数が減るため、目の表面から涙が蒸発しやすくなります)、冷暖房による乾燥、コンタクトレンズやアレルギー性結膜炎などがあります。

治療はまず原因を除去することです。ワープロ、コンピュター作業中は時々目を休ませたり、なるべく目を開けないですむようにディスプレーの画面は目より下に置くようにしましょう。また、エアコンや暖房で部屋が乾燥しないように加湿器などを使用するのも効果的です。目の乾燥を抑える専用の眼鏡もあります。点眼治療としては、防腐剤が入っていない人工涙液という涙のかわりの目薬を頻回にさします。ヒアルロン酸ナトリウム点眼を併用すると、より乾燥しにくくなり目の傷の治りが早まります。点眼薬を使っても良くならない重症例では、目頭にある涙の出口である上下の涙点をふさぐ手術をすることがあります。

目が疲れやすい、ごろごろしょぼしょぼする、目が重い感じがするなどの症状があったら、ドライアイによるものかもしれません。一度眼科医にご相談下さい。

©2013 Medical Association of Niigata City.