市民のみなさまへ

新潟市医師会

老視―老眼鏡のお話

森 由実

30歳代後半から40歳代の方へ

最近近くが見えにくくなった、遠くを見て近くを見るとぼやける、眼がとても 疲れるなど気になる方はいらしゃいませんか?

老眼(医学的には老視という)が始まっていることが多いようです。

どうして老眼になるのですか?

中高年になると、眼球の中でレンズの役目をしている水晶体が堅くなり、ピントを合わせる力が衰えます。ピントを合わせる力は10歳ころをピークに次第に衰えてきます。その結果近くのものが見えにくくなります。

老眼は防げないのですか?

老眼は加齢による生理現象ですから誰もがなります。たいていの人は40歳前後から老眼が始まり、45歳位で老眼鏡が必要になります。老眼がさらに進んで老眼の度を変えずにすむようになるのは65歳位です。

近視の人は老眼になりにくい?

水晶体の老化はどんな人にも起こります。ただ近視の人はもともと近くにピントが合っているので(近視の度数、矯正の具合にもよりますが)遅くまで老眼鏡を使わずにすむことが多いようです。逆に遠視の人は早くから老眼鏡のお世話になることが多いようです。

老眼鏡は眼鏡屋さんで作っても良いですか?

老眼の始まる年齢はちょうど緑内障、白内障、糖尿病などの成人病が眼に現れることもある時期で思わぬ病気が見つかることもあります。検眼は医療行為で、法律上でも医師が行うことなのでこの機会に眼科専門医で老眼を含めた眼の検査を受けることをお勧めします。

老眼鏡はどんな物が良いですか?

レンズとフレームは軽い方が楽でしょう。

それぞれの眼鏡に特長があります。最近では遠近両用のソフトコンタクトレンズ、ハードコンタクトレンズもあります。かかりつけの眼科医に使う目的など詳しくお話しして選ばれるといいでしょう。

眼鏡処方、とくに遠近両用眼鏡はしばらく掛けていただき、歩いていただいたりしてから処方します。処方に時間をかけすぎるということはありません。老眼鏡を希望されるときは充分時間の余裕を持って受診しましょう。

また眼鏡は信頼できる眼鏡店で作られることをお勧めします。

©2013 Medical Association of Niigata City.