市民のみなさまへ

新潟市医師会

白内障と緑内障

 

関 正明

(西区 せき眼科医院)

 患者さんから、「白内障や緑内障が心配で」と言われることがよくあります。この二つの病気は名前こそ似ていますが、それぞれどんな病気なのでしょうか? 白内障 眼の中でレンズの役割をする「水晶体(すいしょうたい)」が濁ってしまった状態です。そのため、見えづらさや視力低下が起こってきます。白内障の原因として最も多いものは、水晶体の加齢性変化によるものです。それ以外にも、薬剤・放射線によるもの、アトピー性皮膚炎に合併する場合や生まれつきの白内障もあります。白内障になっても、見えづらさなどの自覚症状がなければ、経過観察で充分な場合が多いです。白内障が進行して見え方が不自由になってきた場合には、手術を考えても良いかもしれません。手術では、濁った水晶体を取り除き、かわりに人工の「眼内レンズ」を入れます。ほとんど痛みを感じずに手術を終了される患者さんが大半です。手術の時期については、日常生活での不自由さ(運転など)をもとに、主治医の先生とじっくり相談された上で決めるのが良いと思います。 緑内障 日本では40歳以上の方の5%(実に20人に1人)が緑内障にかかっていると推定されています。緑内障は視野が次第に欠けてくる病気で、いくつかのタイプに別れます。そのうち、「正常眼圧緑内障」が、全ての緑内障患者さんの80%近くを占めます。このタイプの緑内障はかなり悪化するまで自覚症状がありません。そのため、眼科を受診したり人間ドックを受けたりする機会がなければ、緑内障が発見されず見過ごされる場合が多いのです。緑内障は白内障と違って、進行すれば失明に至ってしまう恐ろしい病気です。しかし、その進行速度は通常はゆっくりで、早めに適切な治療をすれば生涯不自由なく過ごせることがほとんどです。インターネット(http://www.ntg40.jp/check/)でも緑内障の自己チェックができますが、緑内障の早期発見のためには、眼科や人間ドックを受診されることが推奨されます。

 2014.9.9

©2013 Medical Association of Niigata City.