市民のみなさまへ

新潟市医師会

足がつる

間庭 芳文

中高年の方の中には、安静時には何ともないのに長時間歩いたり、立っているだけでお尻からふくらはぎにかけて、突っ張るような痛みとシビレが生じることがあります。歩行中に突っ張ると足が前に出なくなり、歩けなくなります。しばらくの間座って休むと痛みが楽になり、また歩けるようになります。このような症状を間欠性跛行といいます。

間欠性跛行には、腰からくる神経痛によるものと下肢の血行障害によるものがあります。腰に原因のある場合は腰部脊柱管狭窄症といい、中年過ぎの男性にやや多い病気で、症状は間欠性跛行の他、腰痛、下肢のシビレ、筋力低下等があります。血行障害は下肢の太い動脈がつまって血行が悪くなるもので足が冷たくなったり、チアノーゼといって足の指が青白くなったりしますので腰部脊柱管狭窄症と区別できます。本稿では比較的多い腰部脊柱管狭窄症について述べます。

原因は主として腰の骨(腰椎)老化現象です。腰椎と腰椎の間にある椎間板が突出したり、腰椎の靭帯が肥厚して脊柱管内の神経を圧迫して症状が出ます。他に脊椎すべり症といって腰の骨が前後方向にずれて神経を圧迫して症状が出ることもあります。

老人車を押して歩いたり、自転車等の乗物では症状はでません。治療は内服薬、理学療法、さらに腰のコルセットを使うこともあります。また、局所麻酔薬を神経周辺に注射するブロック療法もあります。これらの治療で効果が不十分な場合や、下肢の力の弱いとき、100mも続けて歩けないときは手術を考えたほうがよいでしょう。手術法は神経を圧迫している椎間板や肥厚した靭帯を取り除く方法が一般的で、比較的良い結果が得られています。中高年の方は種々の合併症があったり、体力の低下していることもあるので適切な治療と血行障害の鑑別のため、整形外科医にご相談することをお勧めいたします。

©2013 Medical Association of Niigata City.