市民のみなさまへ

新潟市医師会

骨粗鬆症について

木村 好行

骨粗鬆症(こつそしょうしょう)とは文字どおり「骨」が「粗」になり「鬆(す)」が入るように骨がもろくなった状態をいいます(「鬆」とは古くなった大根などに入る「す」を意味します)。このためつまずいて手をついたとか尻もちをついた程度の比較的軽度の外傷で手や足の骨が折れたり背骨がつぶれたりすることになります。閉経後の女性やお年寄りに多くみられる疾患で、お年寄りの寝たきりの多くが骨粗鬆症による骨折が契機になること、高齢化社会を迎え今後増加することが予想されることなどから最近注目されている疾患の一つです。

では骨粗鬆症はどうしておこるのでのでしょうか。骨も皮膚の新陳代謝と同じく古くなった骨が吸収され一方では新しい骨が形成されています。普通はこの骨の吸収と形成のバランスがとれていますが、何らかの原因で吸収が形成を上回り骨量が減少すると骨粗鬆症になります。原因として栄養や内分泌の異常、薬物によるものなどもありますが、原因のはっきりしない骨粗鬆症がもっとも多くみられます。

骨粗鬆症の診断は骨の単純写真で比較的容易につけられますが、特殊な病気を伴ってないか血液や尿の検査などが必要になる場合もあります。最近では特殊な機械で骨の密度が調べられるようになり、診断や治療の効果判定に役立っています。

治療は薬物療法が中心です。主な症状である腰の痛みに対しては痛み止めや湿布などの対症療法も行われます。不運にも手首や脚・腕のつけねの骨を折ったり、背中や腰の骨をつぶした場合には、ギプスを巻いたり、手術などの骨折の治療も必要になります。

このようにならないために以下のことを常日頃心がけて下さい。

食事

全体のバランスを考えながらカルシウム、蛋白質、ビタミンDなどを多く含む食物をとるようにして下さい。特にカルシウムの摂取量は少なくとも1日600!)800mgを目標にして下さい。偏食や無理なダイエットは骨量減少をまねきますので注意して下さい。

運動

適度な運動(散歩やゲートボールなど)は骨をつくる刺激になります。

また煙草やアルコール、コーヒーなどの嗜好品は過度に摂取すると骨量減少をまねきますので程々にして下さい。

©2013 Medical Association of Niigata City.