市民のみなさまへ

新潟市医師会

膝が痛くて正座できない

高橋 栄一

(中央区 高橋整形外科)

変形性膝関節症は、筋力低下、加齢、肥満などにより膝関節の機能が低下して、膝関節のクッションの役目をする軟骨や半月板が長期間にわたり、少しずつすり減り変形し、かみ合わせが悪くなって膝の痛みを生じ、正座できなくなる病気です。また、関節リウマチや膝のケガなど他の原因によって引き起こされるものもあります。患者数は約700万人といわれ、40歳以上の男女約6割が罹患し、どの年代でも女性が男性に比べて1.5-2倍多く、高齢者では男性の4倍といわれています。O脚や加齢に伴い発症しやすく、特に中高年の女性に多くみらます。年だからとあきらめたり、我慢しているケースが多いのもこの病気の特徴です。

症状の初期は、階段の昇降時や歩き始めに膝が痛んだり、正座やしゃがむ姿勢が困難となります。さらに進行すると、起床時の膝のこわばりや、関節が炎症を起こし、膝に水が溜まり激しい痛みが生じ、歩行が困難になります。

治療法は保存療法の薬物投与、ヒアルロン酸ナトリウムの関節内注射、装具装着、リハビリテーションがあります。手術療法では関節鏡や、膝関節の骨そのものを人工関節に置き換えたり、O脚を矯正する骨切り術などがあります。

この疾患は肥満に起因する場合が多いため、食生活を見直し適度な運動を行い、体重をコントロールすることが重要です。同時に太ももの筋力を強化維持して、膝への負担を減らし、予防することが大切です。

このような症状がみられる方は、お近くの整形外科に早期受診することをお勧めします。

(2010.1.12)

©2013 Medical Association of Niigata City.