市民のみなさまへ

新潟市医師会

急性中耳炎

本間 和代

小さな子供達が、夜中に突然、耳の痛みを訴え、困る事があります。これは多くの場合、急性中耳炎です。

急性中耳炎は鼻の奥やノドに感染したウイルスや細菌が、耳管(鼻の奥に入り口があり、耳につながっている管で、耳の中の圧を調節します)を通して、中耳(鼓膜の奥)に侵入し、炎症を起こしたものです。特に3歳以下では、大人と比較して耳管が太く短いことや、免疫能が十分でないために、ウィルスや細菌に感染しやすく、中耳炎にもなりやすいのです。時には中耳炎を繰り返す事もあります。

中耳炎での痛みは、膿で中耳が一杯になり、鼓膜が引っ張られて起るもので、痛みをとるためには、鼓膜を切開するか、穿刺をして、膿を出す必要があります。この時、炎症を治すために抗菌剤を投与します。切開した鼓膜は、一週間ほどで元に戻ります。一般に小児では鼓膜切開を繰り返しても、難聴等の後遺症は残りません。

しかし鼓膜切開は、痛みを伴うために、子供にとっては大きなストレスとなります。それを避けるためにも、中耳炎を繰り返す子供では、鼓膜にチューブを挿入し、中耳の換気をはかり、中耳炎を防ぐ事も必要です。特に感染に対し、十分な抵抗力のない低年齢児が集団で生活する幼稚園、保育園などでは、小児間でのウィルス、細菌などの往来は頻繁になります。その結果薬剤の効きにくい細菌による中耳炎なども見られています。

また、中耳炎の原因細菌に合わない抗生物質の使用は、薬剤の効きにくい中耳炎を作る原因となっています。

鼻汁を出したり、咳をしている時には、鼻・ノドの治療も大切ですので、小児科のみならず、是非とも耳鼻科の受診もおすすめします。

©2013 Medical Association of Niigata City.