市民のみなさまへ

新潟市医師会

突発性難聴のお話

山﨑 晴子

ある日突然片側の耳鳴りがしたり、耳が詰まった感じが一時的ではなく続いたら、突発性難聴かもしれません。この病気の特徴としては、

  1. 発症した日時がはっきりしているような突然の難聴である
  2. 難聴であることを自覚できる高度な感音難聴である
  3. 難聴を引き起こした原因が思いつかず、検査上も原因が特定できない
  4. 耳鳴りやめまいを伴うことがある
  5. ほとんど片側の耳に発症する

などがあげられます。

突発性難聴は発症してから2週間以内に治療をはじめないと治りが悪いといわれています。原因としてウィルス感染説、内耳血液循環障害説、内耳代謝障害説などが考えられていますが、解明されていません。そこで治療もさまざまな方法が行われています。循環改善剤、ビタミンB12、ステロイド薬の内服または点滴注射が一般的ですが、他に行われることがある治療法としては、内耳に多くの酸素を与える高圧酸素療法、交感神経の緊張による血管の収縮をとる頸部交感神経節ブロックなどがあります。

また、メニエール病や、聴神経腫瘍、外リンパ瘻など突発的に難聴をきたすことがある、他の病気との鑑別も必要です。

突発性難聴は、疲労、ストレス、睡眠不足が引き金となることが多いようですので、疲れたと思ったら、まず十分に睡眠を取るようにしてこの病気を予防しましょう。

聞こえが悪いと感じたら、早めに耳鼻咽喉科を受診することをお勧めします。

©2013 Medical Association of Niigata City.