市民のみなさまへ

新潟市医師会

耳掃除と外耳炎

根本 美歌

(中央区 根本眼科耳鼻科)

                              

「耳掃除をよくする人ほど耳(外耳道)が汚い」というのは耳鼻咽喉科の医師が共通して認識していることだと思います。この逆説的な言葉はどういう意味なのでしょうか?

 本来外耳道には自浄作用、つまり外耳道の奥から入り口へと表皮が移動する働きがあり、はがれた表皮や皮脂腺などからの分泌液が混じり合った耳垢は、自然に外耳道の外へ出ていきます。したがって、健康な外耳道は深部の清掃を必要としません。不適切な耳掃除はむしろ、外へ出ようとしている耳垢を奥へ押し込んだり、外耳道を傷をつけてしまうことが多いのです。

 適切な耳掃除について説明します。入浴後など耳垢が湿って柔らかくなったときに、耳の穴の入り口付近1cm位までを綿棒で優しく拭き取る様にして下さい。頻度は月に1~2回で十分です。竹や金属など硬い材質の耳かきはおすすめできません。とくに深部には触れないように気を付けて下さい。

  外耳道深部3分の2は骨部外耳道といって、皮膚が薄くとても傷付きやすいところです。耳掃除のつもりでここを擦ると、容易に傷が付き浸出液が出てきます。浸出液が固まると違和感や痒みが生じて、さらに耳掃除をしたくなります。このような悪循環から本来の自浄作用が失われると、垢が増え、ときには細菌やカビが繁殖して、耳だれや耳痛を生じます。これは外耳炎という状態で、耳鼻科での処置や点耳液での治療が必要です。そして何よりも、原因である耳掃除をやめることが大切で、これが出来ないと外耳炎は治りません。

 耳掃除を毎日するという方は多いと思いますが、ぜひ考え直して頂きたいです。また、耳掃除をしたくなる原因として痒みや違和感などがありましたら、むやみに触らず耳鼻科にご相談下さい。

 追加ですが、耳垢が柔らかい方(湿性耳垢)、ご高齢の方、外耳道が狭いお子さんは、ときに外耳道の自浄作用がうまく機能せずに耳垢が外耳道に詰まってしまい、耳垢栓塞という状態になることもあります。これも耳鼻科での処置が必要ですので、「急に聞こえが悪くなった」「耳の奥でかさかさ音がする」などの症状がある場合は早めに耳鼻科を受診して下さい。

(2017.8.28)

©2013 Medical Association of Niigata City.