市民のみなさまへ

新潟市医師会

熱が出ると脳に障害が起こるの?

佐藤 勇

インフルエンザの流行とテレビなどの報道で、子どもの発熱と解熱剤の使用に対して、不安を覚える人が増えました。

発熱は感染に抵抗するための反応で、人体にとっては有利なものと考えられています。

普通、感染などによる発熱では体温は41.5度を超えることはなく、発熱のためだけで脳障害を起こすことはありません(熱射病など、生体外からの加熱による発熱はこの限りではありません)。

しかし、発熱も過剰反応が続くと、水分摂取も十分できず、体力の消耗が進むこともありますので、必要に応じて症状の緩和を図る場合も出てきます。解熱剤は座薬や頓服で症状の強いときのみの使用を原則としています。

小児科専門医は、安全に使用できる薬剤をよく知っていますので、相談の上使用して下さい。解熱剤を使って良いのか悪いのかではなく、どう使うかが重要であることを知っていただきたいと思います。

かかりつけの先生と十分話し合い納得すること、子どもの最良の主治医は保護者であることを心掛けていただくことだと思います。

©2013 Medical Association of Niigata City.