市民のみなさまへ

新潟市医師会

風邪と抗生物質

阿部 時也

(中央区 新潟市民病院)

しばしば外来に、「風邪を引いたので薬を下さい。抗生物質を下さい。」と言って来る人がいます。「風邪」というのも立派な病名であり、これを診断するのは患者ではなく医師である、と言う事はさて置いて、「風邪」と薬についてお話してみたいと思います。

熱と、咳、鼻水、喉の痛みなどがあり、診察上、胸の音もきれいで、喉が赤いだけ、などと言う時に私たちは「風邪」と診断します。その原因の多く(90%以上)はウィルスによる感染です。そして一部に細菌による感染が含まれると考えられます。一般に感染症の治療はその病原体を殺すことが根本的な治療となります。細菌を殺す薬が抗生物質です。そしてウィルスを殺す薬は抗ウィルス薬と言います。抗ウィルス薬としては水痘ウィルスやインフルエンザウィルスなど一部のウィルスに対するものはありますが、残念ながら多くの「風邪」の原因となるウィルスに対するものはありません。その為、「風邪」に対する薬物治療としては、根本療法ではなく、対症療法と言って咳に対して咳止めを、熱や喉の痛みに対して解熱鎮痛剤などを用いることになります。つまり、多くの「風邪」の治療として、抗生物質は無効な訳です。従って、私自身は「風邪」に対しては原則として抗生物質を処方しません。

とは言え、医師の間にも色々な考え方があり、中には「風邪」に抗生物質が処方される場合もあります。その理由としては1)症状だけでは細菌感染ではないとは断言できない事、2)ウィルス感染時には抵抗力が落ちるので細菌感染も合併し易い事、などが挙げられます。

抗生物質の投与に何も問題がなければ、「風邪」に対してのべつに抗生物質を投与するのも1つの方法でしょうが、問題が無い訳ではありません。副作用として下痢をし易いとか、反復投与によってアレルギーが起こることがあるなどの問題に加えて、(紙面の都合でここでは詳しく書けませんが)耐性菌(抗生物質が効きにくい細菌)の出現と言った問題があり得ます。その為、無用な抗生物質の投与は極力避けたいものと、常々考えております。

(2008.1.22)

©2013 Medical Association of Niigata City.