市民のみなさまへ

新潟市医師会

下肢静脈瘤

渡辺 弘

(東区 HAL クリニック)

足のふくらはぎにウネウネとした太い静脈がありませんか? 「下肢静脈瘤」かもしれません。見た目だけでなく、足が重かったり、むくんだりする原因になります。

静脈は体から心臓への血液の帰り道です。下肢から心臓に血液が戻る場合は、重力に逆らって下から上へ昇らなければなりません。動脈の血液は心臓というポンプで押し出されますが、静脈の血液は筋肉の収縮によって血液を押し上げるので、逆流しないように静脈に弁がついています。
 しかし、静脈の弁は薄くて弱いためにだんだん働きが悪くなります。そうなると血液が逆流して、重力の影響で下肢に血液が溜まります(「うっ血」といいます)。静脈は壁が薄いので、徐々に引き延ばされて静脈が太くなり、蛇行するようになります。最初は症状ははっきりしませんが、血液のうっ滞が進むために、脚がむくんだり、色素沈着して皮膚炎が起こったり、さらには皮膚がえぐれてきます(「うっ血性潰瘍」といいます)。また、静脈瘤の中でうっ滞した血液が固まって、赤く腫れ上がり、痛みが出ることもあります(「血栓性静脈炎」といいます)。

残念ながら、「静脈瘤」は一度できると、自然に治ることはありません。静脈瘤とつきあっていくために、日常生活で注意をするとともに、症状に応じた治療法を選択することが必要です。命に関わる病気ではなく、放置されていることも多いですが、患者さんにとっては、足のむくみやだるさ、皮膚炎などで日常生活の支障が出ることも少なくありません。見て診断するだけでなく、超音波エコー検査を行うと、静脈がどのくらい太くなっているのか、逆流がどの程度なのかはっきりします。下肢静脈エコー検査で重症度を判定して、弾性ストッキングによる圧迫療法、静脈瘤内に硬化剤という薬を注射する硬化療法、手術治療を選択します。手術を受ける場合は従来は入院が必要でしたが、最近は日帰りの外来手術も可能になりました。下肢静脈瘤でお悩みの方は、「心臓血管外科」で相談されることをお勧めします。

(2011.10.12)

©2013 Medical Association of Niigata City.