市民のみなさまへ

新潟市医師会

認知症かな?と思ったら

認知症は早期に発見し、症状の軽い早い段階から介護や治療を行うことにより、その後の進行を遅らせたり、行動や精神面の問題を防ぐことができます。少しでも認知症が疑われたら医療機関を受診しましょう。

新潟市では、以下のような認知症医療連携システムを構築しております。また、医療機関同士や医療機関と介護側、更に本人や家族との連携手段として、新潟市共通の情報共有ツールである「むすびあい手帳」を利用しております。(むすびあい手帳については、こちらから)

新潟市認知症連携の概念図

新潟市認知症連携の概念図

認知症かな?と思ったら

まず、かかりつけ医にご相談ください。通常の診療は、かかりつけ医が行います。かかりつけ医で診断や治療に迷う場合には、認知症相談医へ紹介するシステムになっております。更に、認知症相談医が診断に迷う場合には、地域の中核病院の専門医へ紹介することになっております。なお、認知症全般に対する相談は、下記の「認知症の相談窓口」である各地区の地域包括支援センターにご連絡ください。

認知症相談医

新潟市医師会では、認知症を診断し治療方針を決定する、「認知症相談医」を設けております。認知症相談医は、かかりつけ医からの紹介のもと、診察や画像により、認知症の診断を行い、初期の治療方針の決定を行います。方針が決まりましたら、また、かかりつけ医に通院していただきます。認知症相談医は、認知症に伴う攻撃的行動・幻覚妄想・徘徊などの行動・心理症状に対する治療も行っております。

なお認知症相談医は、電話相談の窓口ではありませんのでご注意ください。

電話による相談窓口は下記の各地区の地域包括支援センターとなっております。

認知症相談医の一覧はこちらから

認知症の相談窓口

認知症に関する行政の相談窓口は、地域包括支援センターになっております。認知症についての相談がありましたら、下記の各地域の地域包括支援センターまでご連絡ください。

地域包括支援センターの連絡先一覧はこちらから

©2013 Medical Association of Niigata City.