市民のみなさまへ

新潟市医師会

整形外科について

能登 省三

整形外科とは?

整形外科とは運動器(体を支えたり動かしたりする器官)、つまり四肢や躯幹の骨、関節、筋、腱、神経、皮膚など、それらの外傷や病気を扱います。

その中には

  1. 原因がはっきりしない頸、背、腰、肩、手足の関節や筋肉の痛みや腫れ
  2. 外傷(スポーツ、労災事故や交通事故)によるもの
  3. 年齢からくる関節や筋の痛み、神経痛など
  4. いろいろな原因で起こる炎症、関節リウマチなど
  5. 骨や筋肉などに起こる癌や肉腫、良性な腫瘍
  6. 生まれつき(出生時、遺伝性など)の原因で身体不自由
  7. 外傷後や手術後のリハビリテーション

などがあります。

整形外科の開業医と病院

 整形外科で診察を受ける場合、先ず整形外科開業医に診察を受けてください。

開業医は治療しても治らなかったり、開業医がより専門的な分野のスペシャリストに紹介することが必要と判断した時、病院へ紹介します。

病院の整形外科は、例外もありますが、手術が必要な場合や、検査や治療をするために入院が必要だったり、他科の診察や治療を並行する必要がある患者さんなどが対象になります。

病院の種類も患者さんのニーズに合わせて、いろいろ増えました。寝たきりのお年寄りのように、家庭などでは扱いきれない患者さんが対象になる病院や、機能訓練を行って、家庭に戻すことを目的とするリハビリテーション病院もできました。

「骨と関節の日」について

「整形外科」に対する一般の認識が不十分であるということで、「骨と関節の日」を全国的なレベルで設けて、整形外科の役割を社会にもっとPRしていこうと、毎年活動が行われています。

新潟市では今年10月13日(土)、新潟市臨床整形外科医会が中心になって「朱鷺メッセ」で開催します。骨密度の測定、一般向けの講演会などいろいろ企画しております。皆様お誘い合わせの上、多数のご来場をお待ちしております。

終わりに

患者さんが早く正しい診断と適切な治療を受け、健康な身体に戻って頂くために、新潟市整形外科会の開業医は病院の整形外科と緊密な連携をとって活動しています。

 

©2013 Medical Association of Niigata City.